サイトへ戻る

Advancerで頑張るワーママにインタビュー!

仕事と家庭を両立するワーキングマザーが活躍している現在、

Advancerにも産休・育休から復帰し活躍しているワーキングマザーの社員がいます。今回は総務部に所属するワーキングマザーの冨永さんにAdvancerでの産休・育休を取得した際の社風や仕事と育児の両立についてインタビューしました。

▼産休と復帰までの時系列を教えてください

2018年5月 妊娠がわかり社長に報告。産休取得希望を伝える。
2018年12月 産休開始
2019年1月 出産
2019年3月 産休終了、育休開始
2019年5月 保活開始(申込方法確認、保育園見学)
2019年10月 認可外保育園決定、慣らし保育終わり次第復帰

テキストを追加する

▼現在のお仕事はどのようなことをされていますか?

労務や経理の仕事をしています。
具体的には入社・退社の事務処理や勤怠のタイムシート作成、請求支払の取りまとめ等です。専門的に処理していただく方は別にいるのですが、その方々へ情報を伝達するために社内情報をまとめてアウトソースするのが主な仕事です。それ以外にも労働局への報告や社会保険申請を行っています。

テキストを追加する

▼復職後のまわりの反応はどうでしたか?

待機児童が多いと聞いていたこともあり、もともとは1年以上お休みをいただくことになると思っていましたし、職場の仲間にもそう伝えていました。

順調に保育園への入園が決まったことで、早めに復帰が叶い、まわりにも早かったねと言ってもらえました。

▼育児とお仕事を両立するために心掛けていることは何ですか?

時間に限りがあるので、仕事においては優先順位をつけ、効率的に取り掛かれるよう心掛けています。そのおかげで出産前よりもメリハリがつけられるようになりました。
育児は家族の協力が不可欠です。仕事のスケジュールを事前に家族へ共有して、協力して育児ができるようにしています。子供と一緒にいられる時間はたっぷり愛情を注げるように心掛けています。

▼今後のキャリアプランについて教えてください

今はまだ何事も調べながら業務を進めることが多いのですが、今後は着実にスキルを身につけ、必要とされたときに迅速に対応できるようにしていきたいです。
最終的には労務、経理のスペシャリストになり、会社や同僚から頼られる存在に成長することが目標です。
しばらくは育児との両立で、時間の制約はありますが、その中でも最大限にできる仕事をして可能性を広げていけたらと思っています。

▼両立を目指す女性にアドバイスをお願いします

育児と仕事の両立は楽ではありませんが、家族や仕事仲間が協力してくれることで成り立っています。

仕事が終わり、お迎え、家事育児をする生活は確かに忙しいですが、子供の成長がやりがいに繋がります。

離れているときも、子供は保育園でのびのび遊んでくれますし、その間私も仕事に集中できます。いつか子供の手が離れたときに、仕事のキャリアがあるのはとても幸せなことだと思います。

もしかすると、両立する中でうまくはいかないこともあるかもしれませんが、ひとつずつ解決していくことができれば、毎日が充実し、いつか良かったと思える日が来るかなと思います。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK